有効活用の場

※オープンする余力が現在ありません。年末から年明け解放予定です。

主に実験的に作製したPCB(プリント基板)を有効活用して貰うための場所です。今後は某場所で配布もしますが、コロナ禍のこともあり地方の方のこともあり、主に実費での配布とします。封書が一番安いのですが追跡が出来て土日も配送されるクリップポストを使用します。その実費の受け渡しですが電子マネーが一番効率がよさそうです。電子マネーに関してはどれが一番良いか実験を兼ねて実施します。アマゾンやペイペイ、その他でのテストを予定してます。不用な部材を確保してからのオープンとなります。

実費=梱包費(~115円)+クリップポスト代(全国一律185円)

1)100円 5)100円 2)~4) 300円 5)0円

1)一周年記念でプレゼントしたPICerFTの基板の残り、部品を別途買い求め組み立てるとPICKIT3よりも使いやすいPIC書き込み器になります。

このあたり写真が来る

2)OSR-CDI V1.3.0の余ってる出力端子に表面実装ロジックICを繋げた基板(表面実装ロジックICを実装しなければただのOSR-CDI V1.3.0)

このあたりに写真が来る

3)OSR-CDI V1.3.0の余ってる出力端子に別のPICを繋げた基板(別PICを実装しなければただのOSR-CDIV1.3.0 )

このあたりに写真が来る

4) OSR-CDI V1.4.0cの蓋部分のカットをちょっと失敗した基板
  隠れる部分なんだけど気になる人は問題ありかも

このあたりに写真が来る

5)YPVS DISPLAY初号機のテスト基板 

6) RZ 基板

7) RZR弁当箱メータに白タコをビルトインまたは初期型メータを換装する場合に使う基板

8)RR用基板(表面実装部品を使用しますが購入ルートが限られます)

上記、2~4の部品を揃える場合。
秋月電子通商と千石電子とサンエレクトロの数カ所から電子パーツを入手する必要がありますが千石電子とサンエレクトロで買う必要のある追加部材を表示価格でお分けすることも可能です。

千石電子  
1HUTCX330M :33μF/50V 1セット  120円(2個)
1VUTCX330M他 :10μF/50V 33μF/35V 100μF/35V    
GHA7-3-9PB  :ケース 1個   500円 
サンエレクトロ 
UD40Y225K:2.2μF/400V 1個 660円   
UD40Y115K:1.5μF/400V 1個 ※480円 48個
※特価となっています。

OSR-CDIは現行V1.4.0cまで出ていますが、本家の記述ではV1.4.0で現行基板は打ち止め、ハード互換があるのはV1.2.0~V1.4.0cです。
V1.2.0にV1.4.0cファームを使うとV1.4.0cと同等になります。

タイトルとURLをコピーしました