ランツァのバッテリ上がり

バッテリチャージャ バイク

ランツァのバッテリはRZRのお下がりのショウライバッテリが付いている。
このバッテリ(LiFePO4)の利点は自己放電が少ない事と軽いことなのだがイグニッションをひねると、やっぱりね。バッテリは上がっていた。
時計に食われてるのだがどうもどこかで漏電しているらしい。お師匠様はレギュレータ配線を抜くと良いよと教えてくださったのでレギュレータ配線を加工しておいたのだが、見事外すの忘れていたのだ。

セル車にはバッテリが大切。 ショウライバッテリ純正のバッテリチャージャで測ると充電不可の表示。
もったいないので、インチキワザを使って強制充電後、補充電予定。
しかし、ショウライバッテリ専用のチャージャはよく壊れる。タイマー内蔵じゃないかと思うほど1年後には使えなくなる。あんまり使わない内に壊れるので別のチャージャを買った。本日届く予定。

「バッテリーチャージャー ジュニア」 ハーレーにも純正採用されているメーカらしい。
鉛バッテリとリチウムイオンバッテリ充電兼用タイプで使い勝手はよさそうだ。
これだと上がった後(3V以上)にも充電できるらしい。
今読んだらディープサイクルバッテリにも使えるらしい。今後はこれで1個で良いかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました