コロナワクチン奮戦記

バファリンルナi 雑談

会社の職域接種に華麗に漏れ、しょうがないので区の一般受付時に会社を休んでパソコンの前に座り登録開始時と同時に予約した。事前に予約方法までトレースしておいたのが勝利の鍵。
読んでない人は予約会場に入った途端使い方が分からず戸惑ったと思う。
歩いて15分の普段使わない評判の悪い病院に予約した
もちろん、副反応が出にくいと言われるファイザー一択。
ファイザーは保存環境も極低温だし希釈しないといけないので事故が多かったが初回から時間が経っているのでもう事故はないだろうとして選択、こう見えても虚弱体質なので結構神経を使う

1回目、3時間後からもやがかかったように何かおかしい、腕の痛みは筋肉注射なので痛くて当たり前
夜に風呂に入ろうとして体温上昇に気付く、測ると38度、すぐに解熱剤を飲むが効かず、だけど節々の痛みはない。エアコンの冷気が気持ちいい。
普段から低体温なので37度のちょっとした熱でも死亡フラグが付く私。
そのまま寝られず朝まで過ごす。
夏休みとして接種を組み込んでいたので特に報告しない、少し熱が下がり37度台をキープ。
頭痛が酷いので動画鑑賞などは一切出来ない。夜中にまた上がり38度を超え39度近くになり当然ダウン。翌日以降は霧が晴れたようにスッキリしてスロットが打てるほど全快。体温も上がることはなかった。腕の痛みも気がつかないほど消えていた

2回目、私が確保した時間に3人もブッキングするという謎の展開。
当然、私以外は偽モノブッキングでご老人の日にち勘違い&打ちたいだけのわがままご老人という迷惑な人だった。その影響で朝一のハズが終わったのはお昼を回ったころ
13時からリモートで企画会議があるというのに少ない時間でご飯を食す。
会議の最中からすでに気分が悪くなり、会議参加の人に意見が少ないとして逆に心配される。
当方はご意見番かと思わせる展開だったが若手の意見が少ないのがもっと気にかかる。
打ち合わせ後、少し仕事をこなしていたら、妙な異変を感じる。これ、ヤバい奴と直感し終業まで残り1.5Hしかなっかったが緊急事態として時間休暇2Hを初めて取得した。
鎮痛剤を飲んで速効で寝る。起きたら案の定、38度超え、注射した腕は途方もなく痛い。
寝返りを打てないほど左上が痛い。
妙な倦怠感は以前よりない、熱と頭痛はあるもののなぜか腹は減っている。
仕方なくカップラーメンを食う。
腹が膨れたせいか寝ることが出来た。朝起きたら36度台をキープ少し熱はあるが一般的に平熱。
前回と同様に事前に休暇を取得してある。翌日は土日という完全制覇なスケジュール。
少し頭痛はするがまた腹が減っていた。朝マックを注文。今日も安静にしておこう。
お昼にROOM29Lに書き込んで最近半年以上食べてなかった、すしざんまいの宅配寿司食ってから何か熱っぽいことに気がつく。測ると37度。ヤバい熱が上がってきてる、解熱剤を飲んで豚さんのように寝る。起きて体温を測ると39度を超えていた。
インフルエンザかと思うほどの体温だか節々の痛みもなく頭痛が少し、相変わらず起きると腹が減っていた。20時を過ぎていたのでアイスノンを冷蔵庫に取りに行き、ついでに夜飯は最近常備しているアイス最中だけにした。
食事は仕方がないがアイスノンを頭に当て、また鎮痛剤を飲んで寝ることにしよう。
朝起きると37度で少し熱っぽい。また腹減っているが、一昨日より全く動いていないので少しカロリーを減らすべく水だけで過ごす。腕は湿布を貼ってるがまだ痛い。
今、体温を測ると37度後半。また、夜に体温上昇が来るのかと思うと気が重い。
風呂に入ろうとかと立ち上がったら急にふらついた。
変だと思い熱を測るとおいおい、40度ちかくあるではないか、もうすぐ40度を超えるのか?
インフルエンザにかかったときと似ているが節々が痛くないので首から上が変な感じでいる。
解熱剤を飲んで寝た。
起きて熱を測ると今度は35度、体温計が壊れてるのかとおもったが壊れてない。
それにしても乱下降しすぎ
だんだんと平常に戻ってきてはいるが、頭痛と夜に体温が上がるのは避けられないようだ
日曜日、本当はギャンブルざんまいの予定だったがおとなしく部屋で安静にしておく。
まだ頭痛が取れないので何もやる気がしない。夜に体温を測ると37.8度 まただよと思いながら
解熱剤を飲んで寝る。
会社には発熱データは提出してあるので、自動的に自宅待機になる。
リモートで仕事する予定だったが頭痛が治まらず、休暇を取得
今回の副反応の備えは、体温計は常備、解熱剤も常備、一番大切なのは水と食料の確保
アイスノンみたいな氷嚢があると便利。
40度近くの発熱なのに節々は痛くなく、異常に腹が減ったというのが不思議に思った感覚でした。
予想外が頭痛の発生、昔、片頭痛持ちだったのが影響したのかもしれない。
腕はもれなく痛かったが熱が下がると同時に痛みは消えていた。

明日は会社となるだろうが、メール数が異様に増えてると思うと仕事の意欲がわかない
それでも昔の部署に比べればメール数は10分の1くらいに激減してるので見落とすことも無い。
いくら社内といえども一人で手下をいっぱい抱えてたら見落とすって
あと2~3年は楽な仕事がしたいと節に願う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました