水温計と電圧計 なんとか形に

リベンジ 水温計と電圧計 電子工作
リベンジ 水温計と電圧計

どうも悔しくて、回路図通りにパターンを強制変更することに時間が掛かった。何をしてるんだろうかと思いながら、違う7セグを取り付けるようと、ジャンパーが飛び交ってる何がなんだかわからない基板には表からは見えません。

7セグが基板から浮いてるのは見えるかもしれません。
基本に忠実には大切ですね。
自己流の改造を先にしたのは失敗でした。
下段は出来たてホヤホヤの動画です。

電源は充電池式の006P 9V電池で、中華製にありがちな9V以下電池ですので電圧はあっていそうです。
精度の高い抵抗で分圧した電圧を測ってるだけですので近似値が出るはずです。(後で見たら一致してました)

長時間室内においたサーミスタ(5R2-83591-00)もシリンダヘッドに取り付けたままで部屋に放置していましたので一応取り外して配線し雰囲気温度計測となってますが、まったく明後日の数字ではないので適当補正もそこそこ有っていそうです。数字的には出来すぎですが、まあ偶然の産物かも、なので今後の補正活動を頑張ろうかと思います。
ちなみにエアコンの温度設定は23度です。

今後は地獄の計測補正が始まりますので基板の修正と変更を試みながら、データ取りに勤しもうと思います。

ダイナミック点灯はめちゃ暗いと思ってました。暗いと思ってましたが文字もハッキリ見えます。何事も先入観はいけませんね。
実際、机上では若干チラついて見えますが、気になる程度じゃないですよ。これ。振動する2ストバイクでは全く分からないレベルだと思います。

スタティック点灯にする必要もないです。
当方が馬鹿みたいに思えます。
基本に忠実はやっぱり名言です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました