予定休暇

鎮座する白タコ バイク
鎮座する白タコ

本日は久しぶりにスロカスを発揮すべく休暇を取って一日優雅に過ごす予定だった。
なのに起きたら10時をとっくに回っていた。完全に出遅れである。
最近、寝付きが悪くいつも寝不足のまま、月末集中業務をこなしていた。
そのツケが一気に回ってきたようだった。しばらくぼんやりしながらうたた寝をする。

そういえば会社の駅にあるパチンコ屋が2軒も閉店していたな。
そろそろマイホも危ないのかもしれない。
仲の良い店員がしばらく来なくても良いよといっていたので極端に締めてるか店自体を締めてるのか怪しいと少し睨んではいる。

会社携帯が何度も着信を繰り返していたので、休暇というのにスマホを見ると、ネットワークの障害アラームだった。見ると同僚からの音声着信も鬼のようある。充電切れと言うことにしてそのまま電源を落とした。奇跡的に休暇を取っておいてよかった。運が無いのか有るのかわからないがヨシとしよう。連絡を取っても良いのだがおっさんが簡単に復旧させてしまったら若人の修得スキルも上がらないだろう。明日の報告を聞くのが楽しみである。

薬師丸さんの白タコのテストはお休み中だが、ゑびす様用の針のモデルリングもそろそろ始めないといけない。
薬師丸さんの報告では取り付けの際、メータの位置が若干ずれるらしい。
個体差と思っており、ゑびす様の29Lお弁当メータを掘り出す。
大切な借り物なので段ボールハウスの下に置いておいたのだ。
お借りした薬師丸さんとのメータケースを二つをしげしげと比較するも両者に特に違いはない。
手元にある仮の枠だけのステーベースを両者に取り付けてみても両方とも位置ズレは起きない。
おかしい?個体差は無いに等しい。

返却して貰ったステッピングタコメータとステーベースをしげしげと見る。

薬師丸さんの話だとステーベースは軽く触ってる最中に分離してしまったようで接着剤で補強して取り付けたあった。。DMMのモデルングはたまに状態が良くないのか簡単な衝撃でもげるときもある。酷いのになると配送され受け取って開けてみるとバラバラになっていたりする。設計がよくないのかプリンタが悪いのか最終的にはよくはわからない。

取り付けると向かって右方向にズレが出るらしい。ネジ止めしようとして気が付いた。
基板が当たる?なんで・・あっ。基板が上下逆さま。
このまま取り付けるとメータの照明部材に基板があたり、基板が斜めになったままで固定される。
それで真っ直ぐにならなかったのか。。

以下ダッシュで作った取扱説明書の一文の抜粋。
RZは基板に切り込みがある方がメータ下部になり、水温計を避けるための大きくカットしましたRZRでは上下が逆にセットされますので間違えないようにサポートベースに装着してください。
(ここから空白が続き)
ページ改行後、
で次のページの下にステーベースにセットしたRZ用の基板取付写真である。
RZ用基板セット方向
間違えるよなぁこれ。
説明に基板がという言葉も抜けてるしRZR用の実装写真も載せるべきでした。

こちらがRZRでの基板実装
RZRでの基板実装


トビラの絵は綺麗に収まった1KT白タコ。上側が開いてずれているように見えるがこれは純正と全く同じように作ったステーベースの問題ではない。1KT白タコと29Lタコはメータパネルの大きさが若干違い、29Lは1KTより直径が大きい。白タコの方が小さいため、間が大きく空いているように見える。高さを調整してもあまり変化はない。こちらはステーベース改良時(簡単に分解しないよう)に意見を聞くことで改善するか、メータパネルを新規作成するときに改善できるかもしれません。

早く実装テストしなきゃ。





コメント

  1. ゑびす様 より:

    > ・・・メータの照明部材に基板があたり、基板が斜めに・・・

    照明部材って電球のトコにあるアルミの金具のことかな?
    自分のは接着剤の劣化(?)でこの金具取れちゃったけど無くても(明るくはなるけど)どうって
    ことないし、なんなら年寄りには見やすい明るさになる(笑)
     ※スピード/タコの金具なし+水温計金具ありの画像あるので別途メールします

    取っ払っても戻すには接着剤だけだし、そこらは好みに応じて使い分けさせてもよさげですね

    • Mooncat より:

      人に文字で気持ちを伝えるって難しいですねぇ。

      そこは基板を上下逆さまに取り付けると元々避けるように作って合ったんだけど
      当方の説明が悪くて薬師丸さんがズッポリ嵌まっちゃったわけです。
      同様にゑびす様もガッツリ嵌まってしまったようです。

      わざわざ撮影してくれたであろう写真も速攻で頂きましたが終息してます

タイトルとURLをコピーしました